« いつもの散歩道 | トップページ | イビキの犯人 »

春を告げる雷、そのとき大和は

朝早く、雷鳴が轟きました。
大和は腰を抜かし、台所仕事をしていた母の足下にすがってました。
ガクガクブルブルしてて情けないったらありません。
春を告げる雷、そして春一番。大和が一番好きな季節はもうすぐです。

« いつもの散歩道 | トップページ | イビキの犯人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる雷、そのとき大和は:

« いつもの散歩道 | トップページ | イビキの犯人 »