« ミミカユ | トップページ | 秋の気配 »

ほんにんは気にならない

20061006_120061006_2

サークルベッドで足を舐めてる大和です。
だんだんとエスカレートしてきてベッドに横たわるものだから反対側が浮き上がってきてました。
いつひっくり返るんだろうとハラハラしてましたがほんにんは気にならない様子。マイペースで足をくわえてました。

« ミミカユ | トップページ | 秋の気配 »

コメント

きゃ~
大和ちゃんボートに乗ってるみたい♪
えらい傾き加減だわw
フットケアしてるんですね^^
オミアシはキレキレなりました?


梅香.さん:
ホントですね。言われてみればボートに乗ってるみたい。
眠たがりの大和はときどき「舟を漕いで」ます。
足もすっかりキレイになりました。

おおお~!
どこまで傾くんだろう?って気になっちゃいます。
私はプールの大きい滑り台でこういう入れ物で流れてくるの連想しちゃいました。
大和君ひっくり返らなかった?
どんくさい姫だったらきっとひっくり返るだろうな・・・

エコさん:
大和は傾いてるのわかってないみたい。
もう少しでひっくり返りそうだったけど
ひっくり返りませんでした。
姫ちゃんはこんなに傾きながら
足を舐めたりしないと思いますよ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんにんは気にならない:

« ミミカユ | トップページ | 秋の気配 »