« 空に向かって大あくび | トップページ | 無視が一番 »

置いてけぼりにされるところでした

20071116_120071116_2

いつもの公園はイベントの影響で混んでたので少し上ったところにある広場を散歩しました。
週末になればお弁当持参の家族連れで賑わう広場ですが、平日はガラガラです。
木々も少し色づき始めました。見ごろを迎えるのはまだ先のようです。

20071116_3

色合いがキレイだな~、と思って写真を撮ってたら父が大和を連れてスタスタと先に行ってました。
あやうく置いてけぼりにされるところでした。

« 空に向かって大あくび | トップページ | 無視が一番 »

コメント

今年は紅葉が遅いですね。
でも最近寒くなってきたから木も冬支度に大忙しかしら?
大和君お目目が細くなっちゃってるけどまぶしいの?それともまた眠いのかな?

よっちゃんさん、置いていかれちゃわなくてよかったね~。
お父様も振り返ったら「娘がいない!」なんて・・・

やっと紅葉も綺麗になってきましたネ☆
大和君の顔、人間で言うと物思いにふけっているって感じに見える(私だけ?)
一番したにある写真に写っているのはお父様ですか?
何とも言えないくらい良いショットですね~

エコさん:
年中、眠たがりの大和です。でも夜になると目が爛々と輝きだします。
12月が紅葉の見頃、といったら何か変ですね。
  
 
みっくのママさん:
鋭いですね。大和は人間みたいにときどき「ムフーッ」ってため息(鼻息?)を吐いたりします。
父が遠くに行き過ぎて、しかも手前の木が大きいからまるで小さくなったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24355/17094277

この記事へのトラックバック一覧です: 置いてけぼりにされるところでした:

« 空に向かって大あくび | トップページ | 無視が一番 »