« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

塔のへつりで最後だったはずが…

20080630_120080630_2

大内宿からクルマで少し走ったところにある「塔のへつり」に行ってきました。

20080630_320080630_4

塔のへつりは百万年もの長い年月をかけ、浸食と風化を繰り返してできあがりました。
白い岩肌と豊かな緑のコントラストがまぶしいです。でも百万年って気が遠くなりそうなほど昔だな~。
向こう岸に渡る吊り橋は、欄干が低いし結構揺れるのでやめました。

20080630_520080630_6

塔のへつりの近くに駅がありました。会津鉄道ののどかな駅です。
駅には近くに住んでいるらしきおば様が数名いました。電車を待つわけでもなく、ただおしゃべりをしに集まってるみたいで楽しそう。そんなおば様を横目に巨大なコケシと一緒にパチリ。

ひと通り行ってみたい所は回ったので高速道路を目指しました。
でもここでアクシデントが発生。白河市に抜ける道があると思ってたら国道289号が途中で切れてました。まだトンネルができていなかったようです。
今来た道を戻るのももったいないから、そのまま南下して那須を目指すことに。まさかこんな形で那須に行くことになるとは思いもしませんでした。

大内宿へ

20080629_1

鶴ヶ城の次は大内宿です。
大内宿は茅葺き屋根の民家が軒を連ねていてまるで江戸時代にタイムスリップしたみたい。

20080629_220080629_3

突き当たりの急な階段を登ると町並みがよく見えました。

20080629_420080629_5

20080629_620080629_7

ここ大内宿の変わった食べ物といえば…。ネギで食べるお蕎麦です。え、ネギで!?
他の人が露天で食べている様子を見て、てっきり罰ゲームかドッキリかって思っちゃいました。
ちょうど「大和屋」なんてうってつけの名前のお店があったので入ってみることに。
大和も「何だコレ?」なんて表情で見てました。
味の方はというとコシもあり、時々「お箸」のネギをかじりながら食べる面白さでGood!一食の価値あり。
一緒に頼んだ栃餅のきなこもちも、おいしかったです。

20080629_8

シメはやっぱりソフトクリーム。ほんのり酸味のきいた山ぶどうと、芳ばしい香りのえごま味。どちらもおすすめです。
大和もおすそわけをもらってご機嫌でした。

やっぱり城に行ってみた

20080628_120080628_220080628_3

ホントはまっすぐ家に帰るつもりだったけど、ペンションのオーナーさんの話を聞いて大内宿に行ってみたくなりました。
大内宿に向かう途中、「鶴ヶ城へは右折」という道路案内が出てきました。
また福島に来たときに寄ればいいやと思いながら案内標識を2つぐらい見送ったんだけど、3つ目が出てきたときに思わず右折。急に「次いつ来れるか分からない」という衝動に駆られちゃいました。
鶴ヶ城は白くてキレイなお城です。大和とパチリ。
お城と狆、すごく合ってる。やっぱり来て良かった!

昭和の森 天鏡台へ

20080627_120080627_220080627_3

福島旅行最終日の朝、ペンションすぐ近くの「昭和の森 天鏡台」に行ってきました。
磐梯山と猪苗代湖がおっきい~。ここからの眺めは抜群です。

20080627_420080627_5

高原の風は心地よく大和も気持ち良さそうに歩いてました。

ゴールドラインをドライブ

20080626_120080626_2

20080626_320080626_4

桧原湖から猪苗代に戻るため磐梯山ゴールドラインを通りました。
これで磐梯山周辺の有料道路3コース全てを制覇です。
ゴールドラインを走ると磐梯山を間近に感じることができます。黄金平からの爆烈火口壁や山湖台からの猪苗代湖が印象的でした。

20080626_5

そういえば猪苗代湖を近くで見ていませんでした。
遊覧船乗り場まで行ってみたら白鳥とカメの遊覧船を発見。「かめ丸」は親亀の上に子亀が乗ってました。

桧原湖の遊覧船

20080625_120080625_2

20080625_320080625_4

桧原湖にある遊覧船に乗ってきました。
風が強かったこともあり、1階席に入れていただきました。他のお客さんが全員2階席だったことも幸いでした。
これから始まる湖上遊覧に興味津々の大和です。

20080625_520080625_6

船からは磐梯山が大きく見えました。大和が変な踊りをしているけど、いつもの「エアスイミング」です。
ここからの眺めはキレイだけど磐梯山噴火によって湖の底に沈んだ村を想うと少し複雑な気分です。

20080625_7

船内に戻りました。船の振動が心地よかったのか大和は眠たそう。そしてご就寝。しっかり舟を漕ぐ大和です。

20080625_8

遊覧船乗り場前の売店のおばさんに誘われるままお店に入りました。ワンコもOKだったようです。大きなずんだ餅は甘くて旅の疲れを癒してくれました。

小野川不動滝散策

20080624_120080624_2

20080624_320080624_4

小野川湖の横を抜けて小野川不動滝に行ってきました。
駐車場から滝へは20分。ひたすら上りのルートです。今回の旅行で一番大変でした。
鬱蒼とした森は、今度こそクマが出るんじゃないかと内心ビクビク。

20080624_520080624_620080624_7

しばらくして滝に到着しました。思ってた以上の水量です。マイナスイオンをたくさん浴びてきました。

20080624_8

帰り道、裏磐梯で見つけた郵便ポストです。
赤くない郵便ポストを初めて見ました。

待ちに待った五色沼

20080623_0120080623_0220080623_03

福島旅行でいちばん楽しみにしていた五色沼自然探勝路を歩いてきました。
まずはビジターセンターにクルマを停めて、磐梯高原駅までバス移動しました。
磐梯高原駅側の方が少し標高が高いので歩きやすそうでした。

20080623_0420080623_0520080623_06

梅雨入り前の空は時折青空を見せてました。緑の中を歩くのはすごく気持ちいいです。
すれ違った子供が「森の中にトトロがいそう」って言ってたのが印象的でした。
弁天沼は日差しによって色をいくつも変えてキレイ。ずっと眺めていたかったです。

20080623_0720080623_08

探勝路では大和をバッグに入れて歩きました。「楽ちん散歩」だったので最後の毘沙門沼に着いたときは寝ぼけてました。

20080623_0920080623_10

毘沙門沼で「噂のコイ」を見つけました。お腹にハートマークの模様があります。人気者になりそう。
私たち以外にも探してた人がいて教えてくれました。ボート乗り場の(沼に向かって)左端の方です。
特徴は、白くて目元が赤いコイでした。

ほっと一息、猪苗代のお宿(番外編)

20080622_120080622_2

番外編です。
ペンションの周りは自然がいっぱい。宿に着いてすぐ近所を散歩してきました。
「ど根性山菜」を見つけました。このままがんばってもらいたいからそっとしておきました。

20080622_320080622_420080622_5

朝食前に鳥のさえずりを聞きながら散歩しました。草原を抜ける風が心地良かったです。
遠くに猪苗代湖がよく見えて、振り返ると磐梯山が大きかったです。

P.S.
散歩中、カッコーの鳴き声が聞こえました。後で、ペンションのオーナーさんの口笛だったことが判明。
本物そっくりでビックリしました。

ほっと一息、猪苗代のお宿(食事編)

旅行の一番の楽しみといったら料理です。
「CANINE HILLS(ケーナイン ヒルズ)」ではオーナー奥さんが一人で切り盛りしています。
夕食は和洋折衷のフルコース。たくさん歩いたのでお腹ペコペコです。

20080621_0120080621_0220080621_03

20080621_0420080621_0520080621_06

20080621_0720080621_08

初日の夕食は、カサゴのバジルソース、ブタ肉のトマトソースです。スープは何とカブなんです。意外なおいしさにビックリ!
岩手・葛巻高原のワインも甘くて飲みやす~い。宿のロゴマークもとてもかわいいです。

20080621_0920080621_1020080621_11

20080621_1220080621_1320080621_14

二日目の朝食です。
大和は散歩してごはんも食べたからおやすみモードです。
朝食もなかなかのボリューム。にんじんのスープは自然な甘さです。これならにんじん嫌いでも大丈夫?

20080621_1520080621_1620080621_17

20080621_1820080621_1920080621_20

20080621_2120080621_2220080621_23

二日目の夕食です。テーブルの上には四つ葉のクローバーが。ペンションの近くで見つけたそうです。
この日のワインはロゼ。ラベルには看板犬のもんちゃんです。
メインは舌平目のカボチャクリームソースと牛のほほ肉トロトロ煮です。小松菜のスープもまろやかでおいしかったです。

20080621_2420080621_2520080621_26

最終日三日目の朝食です。どの料理も豪華なんだけど家庭的な雰囲気も残っていて気取らない感じです。お箸も用意してあるところが嬉しいですね。
食事をとりながらオーナーさんに福島のおすすめのスポットを教えてもらいました。まっすぐ帰るつもりだったけど予定変更していろいろ見てから帰りました。
素晴らしいロケーションとおいしい料理と楽しいワンコ談義。ワンコグッズも充実していて、私たちだけでなくワンコも十分くつろげる素敵なお宿でした。
また、違う季節に行ってみたいです。

ほっと一息、猪苗代のお宿

20080620_01

今回のお宿は、猪苗代にある「CANINE HILLS(ケーナイン ヒルズ)」です。我が家初の連泊です。

20080620_0220080620_03

看板犬の木枯し紋次郎こと「もんちゃん」と看板猫の「ミックちゃん」です。
ミックちゃんはワンコに育てられたのでワンコ大好き。オーナーさんに愛されて幸せそう。

20080620_0420080620_0520080620_06

20080620_0720080620_08

館内はキレイで広々。大和も部屋が広すぎて落ち着かなかったみたい。
窓を開けると森の向こうに猪苗代湖が大きく見えました。

20080620_09

オーナーは元獣医さん。この日の宿泊は我が家だけだったので大和のことをいろいろと相談に乗っていただきました。
夕食の後はワンコ談義。話が尽きなかったので猪苗代の夜はあっという間に更けていきました。

20080620_10

ペンション近くで見つかった脱皮したヘビの皮を見せてもらいました。体長約1.5mです。
シッポの先から口までキレイに抜けてます。目の形もはっきり分かるほど。こんなに長いのは初めてです。
「ヘビが大嫌い」と言いながら奥さんがホースみたいに巻いて持ってきてくれたので、そのギャップに思わず笑っちゃいました。

そんな奥さんお手製の料理編は次回に続きます。

中瀬沼探勝路

20080619_120080619_2

五色沼のビジターセンターから車で10分ほどのところにある中瀬沼探勝路に行ってきました。

20080619_320080619_420080619_5

平坦で歩きやすい道なので大和も一緒に歩きました。
白くてキレイな花を見つけました。山紫陽花?
かわいい形の花びらはクラフトパンチで打ち抜いたみたい。たくさん咲いていました。

20080619_620080619_7

展望台に到着です。少し傾きかけた太陽に照らされて磐梯山が輝いてました。
噂どおりの美しさで思わずタメ息。周りに誰もいなかったのでしばらくの間この景色を独占しました。

レークラインをドライブ

20080618_120080618_220080618_3

中津川渓谷から磐梯吾妻レークラインを抜けて五色沼方面を目指しました。
途中の「三湖パラダイス」と「涼風峠」でパチリ。眼下に広がる森と湖のパノラマにしばしうっとり。
風も心地よくて爽快なドライブでした。

20080618_420080618_5

次の日に五色沼を散策するつもりだったけど、どうしてもガマンできず毘沙門沼に寄りました。
エメラルドグリーンがとてもキレイ。磐梯山も壮大でした。

中津川渓谷へ

20080617_120080617_220080617_3

磐梯吾妻レークラインの途中にある中津川渓谷に行ってきました。
入り口にクマ注意の看板があってドキドキ。裏磐梯一帯はこういった看板が多いようです。
大和を抱っこして、首輪の鈴を鳴らしながら歩きました。

20080617_420080617_520080617_6

生い茂った林を抜けて急な階段を降りると渓谷に到着しました。水が冷たくて気持ちいい~。
ここ中津川渓谷は、裏磐梯随一の紅葉の名所だそうです。
大和は川に落ちないようしっかりとお座りしています。

20080617_7

カエルの姿を発見。おたまじゃくしもいっぱい泳いでました。

吾妻小富士に登ってみた

20080616_1

天気が良かったので吾妻小富士に登ることにしました。
磐梯吾妻スカイラインからの眺めは絶景です。湖見峠からパチリ。「日本の道100選」に選ばれたというのもうなづけました。

20080616_2

カーブを抜けると野生の猿が道路に座り込んでいてビックリしました。この後、どこかに行ってしまいました。去る(サル)ものは追わず…。山菜取りのオジさんも路肩を歩いているので脇見運転は禁物です。

20080616_320080616_420080616_5

浄土平に到着しました。風が強くて大和の毛もこんな感じに。後ろに見える山が吾妻小富士です。ジグザグの道を大和とてくてく登りました。振り返ると浄土平の向こうの山に雪が残っていました。

20080616_620080616_720080616_8

10分ほどして頂上に到着しました。眺めは格別です。残念ながら(?)火口にはアーチェリー場がありませんでした。
火口をぐるっと回ろうと思ったけど強風で飛ばされそうになったので断念しました。

驚愕の十割蕎麦

20080615_120080615_220080615_3

猪苗代に着いて最初に向かったのが国道115号から少し入ったところにあるお蕎麦屋さん「おおほり」です。
昔懐かしい佇まいのこちらのお店は混雑時でなければワンコOKとのこと。事前に電話確認するのが良さそうですね。
暖簾をくぐるとミノや農機具、木製のスキー板なども飾ってあってこれだけでも見る価値十分です。

20080615_420080615_5

私たちはワンコ連れということもあって離れの建屋(といってもすぐ隣です)に通されました。
そして天盛そばをオーダー。十割なのにコシがあって食べ応え十分。全然ぼそぼそしてなくて「今まで食べてた十割って何だったの?」。
薄めの衣で揚げられた山菜の天ぷらは香りが良くてGood。そば湯もおいしかったです。

福島に行ってきました

大和と一緒に福島へ2泊3日の旅行に行ってきました。
福島は梅雨入り前。おかげさまで好天に恵まれました。

20080614_120080614_2

20080614_320080614_4

自宅を出発して4時間、休憩のため那須高原SAに寄りました。
こちらのサービスエリアはドッグランがあります。ドッグラン以外にも芝生や歩道が整備されていてとても便利です。
売店にはワンコ用の「どら弁当」やクッキーも売ってて、犬連れ向きのサービスエリアといった感じです。

20080614_5

このサービスエリアでのおススメは「ガンコじいさんの牛乳でつくったソフトクリーム」です。
すごく濃厚で、コーンもサクサクしてておいしいです。ぜひご賞味あれ。
大和もおいしそうに食べてました。
軽くお腹を満たした後はいよいよ福島です。

大和ウォーカー第3号

20080613_1

大和と一緒に福島へ2泊3日の旅行に行ってきました。
雄大な自然にとにかく感動。写真を撮りすぎて整理に時間が掛かってます…

今日は寝て曜日

20080612_1

今日は朝から雨模様。そのせいか朝ごはんも食べずにずっと寝てた大和です。
夕方になってようやく目が覚めたみたいで「朝食」を食べました。
明日休みが取れたので、大和を連れて福島へ旅行に行ってきます。晴れたらいいな。
今晩の大和はいろんな意味で眠れない!?

今日の散歩コース

20080611_120080611_2

父と大和が近所を散歩してきました。
大和の行きたい方に歩いてたら、自分からサスケ(柴犬)の家の前を通ったようです。そのくせサスケと目を合わせようとしなかったとか。
サスケの様子が気になったのかな?

カゴの中

20080610_120080610_2

朝、大和がカゴに入れられてました。母のイタズラです。
大和も寝ぼけてるので嫌がるわけでもなく、フツーに入ってました。
最後はベッドの中みたいに丸くなってました。意外と気に入ったのかも!?

いま忙しいから

20080609_120080609_2

大和は食後のデザートを誰よりも楽しみにしています。
今日は母が甘夏を食べてました。丁寧に皮をむく様子を見守る大和です。
この瞬間、他のどんなときよりも上手にお座りします。
と同時に、私が何回名前を呼んでも一向に振り向かない瞬間でも。
ようやく最後に一度だけ振り向いてくれました。

仕上げはドライヤー

20080608_120080608_2

久しぶりに大和を洗いました。シャンプーの後はしっかり乾かすようにしています。
最初はタオルで念入りに。仕上げはドライヤーで。
以前はドライヤーの音と風が怖くて怒ってたけど最近は慣れたみたい。
前足の毛が縄のれんみたいで風になびいてました。

寝ぼけまなこ

20080607_120080607_2

夜寝るときはフローリングなのに、朝になると玄関に置いてあるベッドに入っている大和です。
いくら名前を呼んでも寝ぼけてます。「食べる?」の言葉のときだけ5mmくらい目が大きく開く大和です。

大和が好きな手

20080606_120080606_2

友達とご飯を食べてきました。
大和は歓迎のアイサツもそこそこに、友達の手を舐めはじめました。「大和が好きな手」のベスト3に入ると思います。
その後は友達が帰らないよう、そっと後ろから監視してました。

雨が止んだ隙に

20080605_120080605_2

今日もぐずついた天気。雨が止んだ隙に父が大和の散歩に行ってきました。
結構遠くまで歩いたみたい。ウチに帰ってきたらゼェハァしてました。今日はぐっすり眠れそうです。

エコさんから

20080604_1

エコさんから大和の誕生日プレゼントをいただきました。
オヤツの詰め合わせです。ありがとう。早速あげてみることにしま~す。

20080604_220080604_3

ちょうど包みをあけようとしたら大和がやってきました。こういうことには敏感な大和です。
でも近所で工事の大きな音が。びっくりして机の下に避難してました。
早く出てこないとたまごボーロ食べちゃうよ。

6月になっても

20080603_120080603_220080603_3

6月になっても2階のコタツはまだまだ活躍中の我が家です。
2階に上がりたがっていた大和を連れてきたのですが…
何をするわけでもなく、ただコタツの横で寝てるだけです。母のマッサージに気持ちよさそうにのびのびする大和でした。コタツの角は大和の定位置です。

6歳になりました

20080602_120080602_220080602_3

今日は大和の誕生日。6歳になりました。
大和には手作りのスヌードをプレゼント。実はこれハンドカバーの両端を切って作ったんです。
スヌードを被って最初に食べるのは大好物のジャーキーでした。

20080602_420080602_520080602_6

母からのプレゼント(?)はシッポの三つ編みです。
シッポの異変に「何じゃこりゃ~」って噛みついてました。自分のシッポだということに気づいてちょっと固まってました。

5歳最後の日

20080601_120080601_2

明日は大和の誕生日。今日は5歳最後の日です。

20080601_3

大きな怪我や病気もなく無事一年を過ごすことができました。ひとりで留守番させたり散歩をサボったり時々寂しい思いをさせたけどよくガマンしてくれました。一年の感謝を込めてジャーキーをプレゼント。
また明日から一年よろしくね。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »