« 驚愕の十割蕎麦 | トップページ | 中津川渓谷へ »

吾妻小富士に登ってみた

20080616_1

天気が良かったので吾妻小富士に登ることにしました。
磐梯吾妻スカイラインからの眺めは絶景です。湖見峠からパチリ。「日本の道100選」に選ばれたというのもうなづけました。

20080616_2

カーブを抜けると野生の猿が道路に座り込んでいてビックリしました。この後、どこかに行ってしまいました。去る(サル)ものは追わず…。山菜取りのオジさんも路肩を歩いているので脇見運転は禁物です。

20080616_320080616_420080616_5

浄土平に到着しました。風が強くて大和の毛もこんな感じに。後ろに見える山が吾妻小富士です。ジグザグの道を大和とてくてく登りました。振り返ると浄土平の向こうの山に雪が残っていました。

20080616_620080616_720080616_8

10分ほどして頂上に到着しました。眺めは格別です。残念ながら(?)火口にはアーチェリー場がありませんでした。
火口をぐるっと回ろうと思ったけど強風で飛ばされそうになったので断念しました。

« 驚愕の十割蕎麦 | トップページ | 中津川渓谷へ »

コメント

お帰りなさい。
楽しい旅行でしたね~。
おそば食べたくなっちゃいました。
大和君も入れるなんていいところだわ~。
どうしてもワンコOKとなるとメニューが喫茶店みたいになっちゃうものね。
旅行堪能されましたね!

ひゃーー!
大和くん、火口まで登ったのぉ~
桃太郎は未踏破です。

福島市内から真正面に見えるのが、この吾妻小富士です。
春雪解けの季節には、残雪がうさぎの形になることから「雪うさぎ」と呼ばれています。

エコさん:
ただいま~♪
今回はのんびりした旅行をと考えていたんですが
いざ行ってみるとやっぱりいろいろ周りたくなって
欲張っていろいろ行ってきました。
おそばおいしかった~delicious
 
 
桃太郎の母さん:
写真では歩いてる大和ですがほんとは
ほとんど抱っこされて登ってますbleah
頂上は風がすごく強くて耳が痛かったです。
雪うさぎと呼ばれているんですか、素敵~♪

うわ~、1ヶ月違うだけで全然景色が違いますね~
うちが行った時は雪山みたいでしたよ。

抱っこで登るのは大変だろうと、きちまるは車でお留守番でした。
山頂は寒いし風は強いしで連れて行かなくてよかったです

あの火口は落ちたらどうなるんだろう・・・と思いませんでした?

きちママさん:
私とトラウトでだいたい半分ずつ抱っこして
登ってきました。
少し寒かったです。火口を周ろうと少し進んだの
ですがあまりに風が強くなったので諦めました。
でもたくさん歩いている人がいてビックリしました。
近くにヒールを履いて歩いてる女の人たちがいて
すごいなぁと感心しましたよ。
落ちたら…自力であがってこれそうにないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24355/41566390

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻小富士に登ってみた:

« 驚愕の十割蕎麦 | トップページ | 中津川渓谷へ »